Amazon(アマゾン)せどりの醍醐味!1円販売で利益を生み出す仕組みとは?

どうもたなぴーです。

 

今日はAmazonせどりの1円販売で利益を生み出す仕組みに関して
お話していきたいと思います。

 

この1円本販売の考え方はAmazonに限らず
物販全般で大事な考え方になるので参考にして下さい。

 

動画でご覧になりたい方はこちら

 

そもそも1円で販売して利益出るの?

 

これに関してはAmazonで販売されている商品の

表示と手数料を見れば大体分かると思います。

 

Amazon 1円

 

これを見てもらえれば分かる通りAmazonで

販売されている多くの1円商品は、

 

販売価格1円+送料257円=258円

 

実質258円で販売されている商品が

ほとんどなんですね。

 

まぁそうでないと送料無料1円なら

何やってるか意味不明ですからね(笑)

 

なのでこの送料としてAmazon側から振込まれる

257円分で利益を出すという考え方ですね。

 

では次に手数料を引かれた場合いくら振込まれるのか

シュミレーションしてみましょう。

 

1円販売で利益を出すためのシュミレーション

 

ではまずは1円で本を販売した際に実際

いくら手元に残るのかを見ていきたいと思います。

 

下記画像は1円で本を販売したと仮定した際の

FBAシュミレーターの画像です。

ついでにFBAで販売した場合のシュミレーションも見てみました。

 

Amazon 1円 シュミレート

 

左が自己発送、右がFBAです。

 

本の場合の計算式としては、

 

【販売価格1円+送料257円】-【カテゴリー成約料60円+販売手数料0円(1円×15%)】

 

258円-60円=198円

 

この198円が1円で本を販売した場合に振込まれる金額になります

 

次にここから配送料と梱包資材にかかる金額を引きます

(下記では配送料の部分を80円と入力した結果です)

 

 

1円 FBAシュミレーター

 

Amazonからの入金額198円-(配送料+梱包資材)80円

とした場合利益額が118円になります。

 

ちなみにこの118円の場合は仕入れ金額が0円だった場合

として計算しているので、

 

正確にこの118円から仕入れ金額を

引いいたものが利益という事になります。

 

ちなみにこれがDVDの場合だと、

 

Amazon 1円 DVD シュミレート

 

1円+350円=351円になります。

 

これをFBAシュミレーターで計算してみると・・・

 

FBA料金シミュレーター DVD   Amazon セラーセントラル

 

351円-カテゴリー成約料140円-販売手数料0円=211円

 

211円-配送料と梱包代80円(僕の場合)=131円

 

131円から仕入れ金額引いたのが実際の利益額になります。

 

ちなみに本・CD・DVD・ビデオこのカテゴリーに

当てはまる商品に関しては各カテゴリーごとに

定められた成約料が発生しますが、

 

それ以外のカテゴリーでは成約料は発生しません。

例題としてゲームカテゴリーでやってみると、

 

Amazon ゲーム FBAシュミレータ

 

1円+340円=341円

 

これをFBAシュミレーターにかけてみると、

 

FBA料金シミュレーター  ゲーム  Amazon セラーセントラル

 

はい!

 

341円-販売手数料(341円×15%)51円=290円

 

※本・CD・DVD・ビデオに関しては販売金額に対して販売手数料がかかってくるが、それ以外のカテゴリーは(販売金額+送料)に対して販売手数料がかかってくる事に注意

 

290円-(配送+梱包資材)80円=210円

 

210円から仕入れ金額を引いたものが実際の利益になります。

 

結構細かく説明させてもらいましたが分かりましたか??

 

 

まとめ

 

今回の記事の内容をまとめると、

 

  • 1円で販売しても送料振込分で利益を得る
  • カテゴリーごとに1円販売でも利益額が違う
  • カテゴリー成約料がかからない商品の1円販売はおいしい
  • とにかく安く仕入れさえすれば利益は確実に得れる

 

こんな感じです。

 

結構細かく書かせてもらったので

どうい仕組みかは分かってもらえたかと思います。

 

こういった考え方を参考にしたり、

Amazon自体のシステムを正確に把握する事で

利益を最大限に伸ばしていきましょう(^O^)

    メーリングフォーム_ボタン

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ