Amazon(アマゾン)せどりで重要なランキングの目安を解説します!

どうたなぴーです。

 

今回はAmazonせどりで重要なランキングの目安ということで、

このテーマにそって解説していきたいと思います。

 

この辺は人によって結構変わる部分なので、

本質にそってお話していきます。

 

動画でご覧になりたい方はこちら


 

Amazonランキングに目安は無い

 

いきなり僕の結論なんですが、

Amazonランキングに目安なんてありません。

 

例えば本であれば仕入れするのは、

平均ランキングで30万以内にしておくとか。

 

CDであれば10万以内にしておくとか。

それぞれの基準は多少はあるかもしれません。

 

でもその基準って「仕入れ金額」無視してません?

 

ここでちょっと例題を出します。

 

  1. 仕入れ値300円⇒販売価格1500円 CDランキング50000位
  2. 仕入れ値600円⇒販売価格1500円 CDランキング50000位
  3. 仕入れ値900円⇒販売価格1500円 CDランキング50000位

 

はい。

これ3つとも利益出ますよね?

 

10万位という基準があるとしたら、

全商品仕入れるという選択になりますか?って事なんです。

 

これが僕が普段から「単純なランキングの目安は無い」

と言っている意味なんですね。

 

要はその商品ごとの利益率・ROIなどなど、

投資金額応じての収益額とかの基準値を作っておかないと

そもそもランキングの目安なんか意味がないという事です。

 

モノレートを見ればいいだけ

 

目安無かったどうすればいいの?

っていう事をせどり始めたばかりの人は思うかもしれません。

 

だからこそ「モノレート」が存在してるんです。

 

モノレートの見方についてはこちらを参考にしてください。

参考記事⇒モノレート(旧Amashow)を完全攻略する方法!!

 

モノレートで分析した結果、実際月に何個売れる商品なのか?

相場はいくらぐらいで変動しているのか?

 

そういった超大事な部分をグラフをみて判断して、

商品を仕入れするだけです。

 

このモノレートで商品の分析を続けているうちに、

 

  • 「家電・カメラ」のカテゴリーだと〇〇〇〇位ぐらいまでの商品なら〇日程度で売れていく確率が高いな
  • Amazonランキング自体はいいけど出品者数が多い商品に関しては売れる商品数も他の出品者さんにも分散してしまうから意外と売れにくいな

 

そういった事が分かってきます。

 

なので僕の結論としてはAmazonランキングの

目安を無意味に決めてしまうのでは無く、

 

モノレートをみて商品を分析していく過程である程度の

ランキングの目安的なものを作っていきましょうという話です。

 

これが何を意味するかは分かると思うんですが、

モノレートの見方」をマスターしようってことですよね。

 

これが僕のAmazonランキングの目安に対する結論です。

 

まとめ

 

今回の話をまとめると、

 

  • いきなりAmazonランキングの目安を無意味につくらない
  • 基準は利益率・利益額・ROI・商品回転によって大きく変わる
  • モノレートの見方をマスターすれば自然に基準はつくられる

 

といった感じです。

 

今回の記事は特に重要ですので、

しっかりと記事の内容を把握しておいて下さいね(^O^)

    メーリングフォーム_ボタン

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ