Amazon(アマゾン)せどりで超重要な出品の効率化を図る方法を解説します!

どうもたなぴーです。

 

今回はAmazonせどりで超重要な出品の効率化を

図る方法を解説していきたいと思います。

 

実際この部分はすごく重要になってくるので色んな要素に

分けて別で解説させてもらう部分も出て来ると思いますが

まずは全体像を把握する事から始めてみましょう。

 

動画でご覧になりたい方はこちら

 

効率化を図る様々な方法

 

実際Amazonせどりで稼ぐために重要な、

出品の効率化ですがこれに関しては様々な方法が存在しています。

 

清掃・検品の段階からこの出品の効率化を図る事も可能なんですが、

今回は「THE出品」というテーマにそって解説していきます。

 

そうなった場合のパターンを解説すると、

 

  1. CSVでの一括出品
  2. 有料出品ツールを活用した出品(買い切り)
  3. 有料出品ツールを活用した出品(月額課金)
  4. 自社で出品ツールを開発する

 

この4パターンになってくるかと思います。

 

実際4の自社で開発という部分に関しては、

たぶんピンと来ないと思うんでここはあまり考えなくてもいいです。

 

 

そこでここで選択肢としてあるのは3つですよね。

ちなみにうちの出品で活用している方法は、

 

1.CSV一括出品

3.有料出品ツールを活用する(月額課金)

 

この2つの方法で出品の効率化を図っています。

 

ちなみ買い切りの出品ツールって使わないの?

って声も聞こえてきそうなんでそれの回答としては、

 

買い切りの出品ツールはやはり買い切りレベルです。

基本的にあまり使う意味はないでしょう。

 

実際買い切りツールとしてはせどりキングとかが有名ですが、

うちでは使ってません。

もちろん購入して使いはしましたけど。

 

出品ツールを使う場合だとやはり月額課金で提供している

サービスの方が性能はいいですね。

 

僕が出品で使っているツール

 

現状僕は出品で活用しているツールは、

 

プライスター」です。

 

プライスターを使うかせど楽君を使うか

悩む部分でもありますが、

 

そこは月額5800円のプライスターと月額8000円の

せど楽君を比べた際に「プライスター」という選択になっています。

 

ちなみにこの2つに関しては出品ツールという役割と共に

価格改定ツールという役割を担っているので、

 

うちの場合だとこの価格改定部分での要因も

取り入れている理由の一つになります。

 

ちなみにですがこと「店舗せどり」に関しては、

 

せどりすとプレミアム】からの出品がかなり

やばいです。

 

検索⇒仕入れリスト⇒出品リストこの流れをしっかりと

使いこなして事前に設定をしっかりと組み込んいれば

超絶的に出品が楽です。

 

電車移動中とか、寝ながらとか、隙間時間でも

超簡単に出来るようになります。

 

なので店舗検索アプリとしてだけでなく、

せどり全般の業務の効率化としてせどりすとプレミアムを

導入してもらえればと思います。

 

 

まとめ

 

今回のテーマのまとめとしては、

 

  • 出品の効率化としては複数の選択肢がある
  • たなぴーが使っている出品&価格改定ツールはプライスター
  • 店舗せどりと連動して出品する場合せどりすとプレミアムはやばい

 

こんな感じです。

 

月額課金サービスと聞くだけで導入をやめる人もいますが、

収益を上げる為に何より大事になってくるのは「時間を作ること」だと思っています。

 

この考えを念頭にいれて出品だけでなく、

様々な業務の改善を行っていきましょう。

 

ではまた次回をお楽しみに(^O^)

    メーリングフォーム_ボタン

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ