新品せどりと中古せどりをたなぴーが徹底分析します!

こんばんはたなぴーです。




今日は新品せどりと中古せどりを
徹底分析していこうと思います。



まず新品せどりに関してですが
これは、



・定価超え商品(プレミア商品)の仕入れ

・特価商品の仕入れ



やる事はそれだけです。



それ以外は必要ありません。



まず定価超え商品に関してですが、



これは事前にリサーチしておいて、
その商品を店舗に回収しにいったり、



あるいはネット上でAmazon以外のショップの価格や
在庫状況を確認してその場で仕入れ手続きをとる
という流れになります。



次に特価品の商品になりますが、



これに関しては、



ドンキホーテや家電量販店やスーパー等で
売られている特価品をリサーチして買うだけです。



ハッキリ言いますよ。
誰でも出来ます。



これが新品せどりの内容です。



もちろんそのうえで、



店舗ごとのシステムや特徴を把握したりとか、
商品を発見してからの交渉力や繋げる力は必要に
なります。



どっちかというとこの交渉力の方が重要では
ないかと僕は考えています。



そして僕がよく言っている「全頭検査」ですが、
新品商品であれば必要ありません。



ただ70%OFFとかそういった場合は
全頭検査して下さい。



そして12月周辺は新品せどりの比率を
上げて下さい。



かなりの爆発力を発揮します。



では次に中古せどりですね。



中古に関しては個人的には、
全頭検査が必須になると思っています。



そんなん必要ないという人もいますが、



どう考えても全頭検査して、
商品相場を頭に叩き込んだ方が早いです。



少し前の時代であればキーワードの派生等
色々考えながら商品をピンポイントでリサーチする
事で検索頻度を減らし、
可能性の高い商品だけを検索するという流れでしたが、



今は検索アプリの超進化により、
純粋に検索数を増やして相場を頭に
叩き込んだ方が早いです。



しかも圧倒的に。



要は検索する環境をいかに整えるかの方が
大事になってきているという事です。



それとアマショウのデータをいかに正確に
分析出来るか。



商品の回転・全体のキャッシュフローを考えながら
しっかりとした資金管理が出来るかの方が、
かなり重要項目です。



とういう事ですね。



ただ一つアドバイスがあるとすれば、



中古せどりをやったことのない人は、
確実に中古せどりを取り入れた方がいいです。



中古商品の販売の方がはるかに奥深く、
応用がかなりききます。



後々商品の買取や今後のビジネス自体を成長させて
いく為にも、



中古に触れている事によって、
選択肢がかなり増えてきます。



色々な可能性や物販ビジネスの全体像をしっかり考え
今のせどりスタイルを見直す事も重要です。



という感じですね。



まぁ簡単に書きましたが、
これ以上でも無くこれ以下でもないです。



今回コンサル生さんとの強化合宿中の休憩時間、
たこ焼きが焼きあがるまでに近所のGEOとかで
お散歩せどりしましたが、



たこ焼き焼けるまでの間で、
全然仕入れ出来ます。



でもたぶんあの仕入れは……僕にしか出来ないかも(笑)



普通に仕入れしているだけじゃ、
ほぼ買えなかったはずなので。



必殺のたなぴー式せどりです(笑)



基本さえ抑えていればいつでも、
どこでも何でも仕入れ出来ますよ~



ではでは今日はこの辺で♡

    メーリングフォーム_ボタン

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ